ゴルファーの柔軟性向上ストレッチ【上半身】

0
 247
動作:胸郭の回旋運動
筋肉名:主に大胸筋

胸郭の回旋運動に伴う、大胸筋・小胸筋のアクティブストレッチ


ストレッチ効果:ゴルファーの柔軟性向上「上半身」、姿勢改善、肩コリ解消

◆こんな方におススメ!
胸の筋肉が硬くなると、肩甲骨が開いてしまい猫背になりやすくなります。
ゴルフの様な身体の回旋動作を伴うスポーツを行っている方は、
正しい姿勢を取りながら、身体を回旋させることが重要です。
ゴルフをされている方、姿勢が気になる方に非常にお勧めのストレッチです。

ストレッチ方法

1.手を身体の前で合わせ、胸を張りながら前屈します。
2.大きく息を吸いながら、片方の手を天井の方へ広げて反対の手は床に伸ばします。
3.胸が伸びている意識をしながら、5秒程ストレッチしましょう。
4.5回程繰り返したら、反対も行いましょう。

ストレッチのワンポイントアドバイス
少しずつ筋肉が伸びているのを感じながら、行ってみて下さい。
胸が徐々に伸びている感覚や、楽に床に手が付いていく感覚が持てれば効果が出ている証拠です。
気持ちよく行ってみて下さい。
ログインするとコメントをすることができます

関連動画 一覧へ